専門業者へ

楽譜の上の楽器

要らないアンプは買取業者へ

もし使わなくなったオーディオアンプなどがあるならば、専門の買取業者で買い取ってもらうという選択肢があります。 昨今は、オーディオブームによって、古い真空管アンプや、過去の名機などが高値で取引されるようになっています。 もし家の中に古いオーディオアンプが眠っているのならば、一度買取業者で査定してもらいましょう。 多くの業者では、査定だけなら無料でやっている所も多いので、価格に不満がある場合なら、売らずに残すこともできます。 オーディオアンプというのは、意外と場所を取りますし、買取に出すことで、お金を手に入れれるだけでなく、同時に掃除も行うことができます。 レアなオーディオアンプならば数万円から数十万円という可能性もあるので、ぜひ買取業者を利用してみましょう。

アンプ買取はお店選びで値段が変わる!

ギターアンプの買取をしてもらうときは、アンプの種類におうじて買取店をかえるのがよいでしょう。つまり、初心者用のギターアンプと、プロ用の高価なアンプとを同じ買取店に売却することはやめて、それぞれ別の店に持ち込んだほうが買取価格がよくなるのです。 入門者向けのアンプは、小型のものが多く、音量も小さいのが特徴です。買取価格も安いため、ギター初心者がよく利用するようなメジャーな買取店に持ち込むとよいでしょう。 その一方で、プロのミュージシャンも愛用しているような高級なアンプは、専門店に持っていくことが大切です。音響機器に詳しいスタッフがいる買取店でないと、真の価値に気付いてくれないからです。プロのミュージシャンとつきあいががあるような有名店に持って行くと、高値がつく可能性が高まります。